« PyraとGPD Winの話 | トップページ | Pyraプリオーダー開始&4GBモデル登場w »

2016年4月26日 (火)

GPD WinでPS2のゲームが遊びたいんでZ3753Fで試してみた話

20160426_nrk2vwev3hvpdyszyksr_2

締め切りまであと数時間と迫ったGPD Winですが、ケースを3Dプリントして他の部品と組み合わせた写真がアップされてかなりサイズ感がはっきりしたり、してます。
このガッツリ掴めるサイズはやっぱイイ!

あとやっとPCBとか内部の写真出てきました。プロトタイプって事で部品配置確認用っぽいですけど、やっぱ基板の写真が出てくると安心感が違うw 掲示板は要チェック!
で、出荷まではまだ半年以上あるのですが、予習の意味で、搭載されるx5-Z8550でどの辺まで動くか色々妄想してみました。

最近のSoCは全然追ってなかったのと併せて、少ない知識を無理やりこじつけてる感も無きしもあらずなのですが、まぁ時間つぶしだと思って軽く読み流してください。

 
さて、エミュレーションの基本は、何は無くともCPUクロックです。
クロックが高ければ高いほどリアルに近い速度でエミュレーションできるようになります。
逆にCPUクロックが低いと他が豪勢でも満足な速度で動いてくれないはずです。
エミュレータの実装にもよりますが、コア数が多いよりも1コアのクロック数が高いほうが重要です。
 
で、次に重要なのが高性能GPUですか。基本的な描画からエフェクト、3Dモデルやテクスチャマッピングなどなど、ハードウェアに任せた方がCPU負荷が下がるので大いに活用したいところ。
ですが、SoC内蔵とかの弱いGPUですと逆に処理しきれなくてCPUの足を引っ張る形になることも多いです。
他に、APU(オーディオ)やI/O周りのエミュレートとかもほぼ全部ソフトウェアでやることになるのでCPUクロックは高い方が嬉しいよ。ってここまでが前振り。
 
 
かなり端折ったり誤魔化したりしましたが、これを踏まえてGDP WinのSoCはAtom x5-Z8550 です。
比較&動作確認対象としてWin8.1タブのWN891(Z3735F)に登場してもらいました。
Win8.1BingにOffice2013付いて3万円しませんでした。コスパスゲーヨ重いけど。ちなみに生産中止w
このWN891で色々動かしてZ8550ではどうなのよ、ってのをウダウダ言うのが今回の趣旨です。
 
とりあえず実装SoCの比較
型番CPU周波数(Bst)GPU周波数(Bst)製造プロセスEU数帯域
Z3735F 1.33GHz(1.83) 311MHz(650) 22nm 4 10.6GB/s
Z8550 1.44GHz(2.40) 200MHz(600) 14nm 12 25.6GB/s
 
Atom-x5 Z8550は、Z3735Fと比べると、バースト時の最大クロックが3割増しになったのもさることながら、GPUクロックは落ちたもののEU数が3倍で、世代もGen7からGen8に上がってます。さらにデュアルチャネルによりメモリ帯域が倍以上になっています。GPU内蔵でこれの恩恵はかなり大きいかと!!
それでいて製造プロセスが14nmになってることでTDPはむしろ低くなっているとのこと。すげぇな
 
 

20160426_dc01 20160426_dc02 20160426_dc03

そんな流れで、まずはnullDCでカルドセプトセカンド・ソウルキャリバー・斑鳩を試してみました。

もともとSH4(200Mhz)とPowerVR2 CLX2(DirextX6.0世代)のエミュレーションなのでスペック的には楽々動かしたいところです。
が、一部のムービーとか動きの激しい3D描画があるところで"CPU"に限界来てるみたいです。
エミュレーションするには対象の10倍の性能が必要とかどっかでみましたけど、結構合致してるのかもね。
 
エミュレーションの速度が十分に出てない時の原因ですが、
 CPUパワー足りない
 GPUパワー足りない
 エミュレーションが最適化されてない
の、だいたい3パターンになるかと思います。他にはメモリ足らないですとか、裏で変なプロセス走っててそいつが邪魔ですとかありますけど、アプリや要らないサービス落として対応。「そもそもまともな速度で動かない」ってのもありますが、これはほっときます。
 
nullDCのはほぼ全て典型的な①のパターンですが、ムービーに関しては大抵③。GPUの負荷は多くても30%までしか上がらなかったので、とりあえずZ8550になって上がったCPUクロックで解消されるレベルなんじゃないかな。そしてセガラリー2対応はよ
まぁ、Cortex-A8(1GHz)のOpenPandoraでも(reicastで)結構ソウルキャリバーとか動いてたりするからハード自体は素直な構成でエミュりやすいのでしょうね。
ちょっと気になったのは最大ブーストの1.83GHzになる気配が無いって事。これはあれか、廃熱出来ないからどっかでリミッターかけてるとかかね。冷やしながらやったらもうちょっと行くとか、、、レジストリとか弄って変えられるのかな。わからん。
 
 

PCSX2はCPUもGPUもかなり強力なので、まず「快適には動かない」前提で手持ちのROMを色々動かしてみました。
 

20160426_ps2grv01_320160426_ps2grv0220160426_ps2grv03

グラディウスV
X98Proの動画に空中戦だけありましたけど、全体でも軽いところでは100%、他もだいたい70%以上では動いてくれる感じです。処理落ちもありがちなゲームなので感覚的にも結構いける感じ。重い原因は①、、、なのかなぁ。GPUには余裕が見られるけどGSの伸びが悪いのが気になる。mVUマルチスレッドをオンにするとフリーズしてしまうのが残念。
でもいくら重くなってもちゃんと全体のエミュレーションがハングとかすることなく追従してるのに感動。PCSX2、凄い精度だな。
 

20160426_ps2ogg01_220160426_ps2ogg02_220160426_ps2ogg03

スパロボOG外伝
OPは40%程と重い。ゲーム中もMAPでは45%程、戦闘画面も60%以下とかなり厳しい状況。一番右の戦闘なんかはGPUがほぼ100%に張り付いてCPUはブーストすらかかってなく、完全にGPUパワー不足の悲惨な状況。で、原因は②ということでZ8550だとどこまで改善されるか楽しみですが、そもそもの重すぎ感からあまり期待出来ないかなぁ。
 

20160426_ps2sz0120160426_ps2sz02

スパロボZ
こちらは意外と軽くてMAP中は90%弱、戦闘画面だと100%~80%で普通にイケる感じ。戦闘中にエフェクト多いとGPU負荷が上がったりしますけど、多少遅い位でアクションでもないので普通に遊べるようにはなりそうです。嬉しい。
 

20160426_ps2rf0120160426_ps2rf0220160426_ps2rf03

R-TYPE Final
CPUもGPUもカツカツですw 30%以下で動くのもしょっちゅうなんで、まぁ快適動作は期待できないかなぁ。EEは意外と90%台を維持する感じで検討しているので、傾向的には②。GSがどこまで伸びるかわかんないので、もしかしてもしかしたら化けるかも?w 好きなゲーム何で期待を込めてポジティブに。
 

20160426_ps2fx0120160426_ps2fx0220160426_ps2fx0320160426_ps2fx04

FinalFantasy X
CPUがあっぷあっぷしながら70%位で動作。①ってことでZ8550では遊べそうな速度にはなるかなと。戦闘でエフェクトバリバリになった時が心配かもしれないけど、Z3735Fでもちょっとダルいくらいで遊べないこと無いのでこいつもイケる感じ。
ただGPUに余裕がありそうでGSが伸びてないのは何かね。
 
 
なんかジャンルがものすごい偏ってるけど、X98の動画みると2D格闘とか普通に動くっぽいし、フル3Dアクション系はそもそも諦めてるんで問題無し。最初は動画みてZ8500スゲー!!とか思ったけどZ3753Fでもそこそこ動くのね。
なんかZ8550でも思ってたよりPS2が動きそうなんで、XScale PXA270(416MHz→624MHz)のリナザウでPSのFFT動いた感動再びです。凄い時代になったもんだ。
ちょっと気になったのはホントにタスクマネージャ正確?って事。CPU1Coreだけ100%に張り付いたり、変な挙動が散見されたんよね。何度撮り直した事か。
まぁ、とにもかくにも、こうやって妄想して超楽しんでます。
 
 
で!、Pyraも忘れちゃいかんです。
5月1日プリオーダー開始っぽいですよ!!

|

« PyraとGPD Winの話 | トップページ | Pyraプリオーダー開始&4GBモデル登場w »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199635/63537922

この記事へのトラックバック一覧です: GPD WinでPS2のゲームが遊びたいんでZ3753Fで試してみた話:

« PyraとGPD Winの話 | トップページ | Pyraプリオーダー開始&4GBモデル登場w »