« そして妄想へ…(based on PC-Z1) 其の弐 | トップページ | NetWalkerの広告 »

2009年10月 9日 (金)

工人舎 PA

先日妄想した端末ですが、工人舎が結構イイトコ突いてきました。

サイズ以外は妄想通りっぽいですw
まぁ、CPUとかOSとか色々違うところもありますけど、「発熱は我慢する。Linuxとデュアルブートに」って感じでいけばWindowsXPも使えるようになるというオマケ(?)も付いてます。

とりあえず、以下スペック箇条書き

  • Atom Z520(1.33GHz) + US15W(PowerVR SGX535)
  • メモリ512MB
  • 内蔵ストレージ 32GB SSD
  • 1024x600ドット(WSVGA) 4.8インチタッチパネル付きワイド液晶
  • OS Windows XP Home Edition(SP3)
  • EIOfficeプリインストール
  • サイズW161×D111×H10~26(mm)
  • 重量約400g
  • ワンセグTVチューナ内蔵
  • ディスプレイ回転機構
  • 56キータイプキーボード
  • microSDカードスロット(SDHC対応)
  • IEEE 802.11b/g対応無線LAN
  • Bluetooth Ver.2.0+EDR
  • 130万画素Webカメラ
  • イヤホンジャック
  • USB2.0
  • RGB出力専用端子
  • バッテリ駆動時間 約7.5時間
  • 一部設計、製造 台湾Inventec社

mbook M1(工人舎 PM)と違ってCPUがZ520ってことでFSBとHTが強化されてます。チップセットがUS15Wなんで動画とかにハードウェアアクセラレーションが使えるのは大きいですね。
ただしメモリが512MB。これはLinux載せろって啓示ですよ。きっと。
32GB SSDはLinux載せるならちょうどいい位かも。むしろNetWalkerにこれくらい積んで欲しかった…。
OSはどうでもいいとして…、サイズはほぼNetWalkerと同じ。デザインは一段とダサくなってますw ここまでかっこ悪いのも珍しい…。NetWalkerのキーボードとタメを張れます。
その代わり画面を回転させてビュースタイルで使用可能。奥行きが111mmある(Zaurusは87mm)ので片手で鷲掴みして…ってのは無理でしょうけど。
キーボードはPMと同じ。Zaurusもキーの数的には同じ位ですからそんなイメージ。右SHIFTが無いのが気になるくらいかな?記号周りはどうせカスタマイズするだろうし。
あとはmicroSDスロットがなんでフルサイズじゃないんだとかありますけど、Bluetoothも搭載してるし、オマケでWebカメラとかワンセグとかあるんでスペック的にはいい感じでしょうか。
このサイズでフルサイズUSBポートと、RGB出力端子(専用ケーブル経由)が付いてるってのは評価ポイントですね。
あ、あとスタイラス内蔵可

気になるのはAtomってことで発熱とメモリの少なさ。あとはLinux載せた時のUS15Wのドライバですか。
メモリはLinuxならまだしも、WinXPではギリギリでしょう。まぁ、Linux載せるにしても1GBは欲しいですが。
ドライバはWinXPで使う分にはいいですが、LinuxだとMoblin経由とかのpsbドライバが必要になるんですかね。

それよりかARMじゃないことで自分の中での萌え度が低くなるのではないかと心配ですw
確かにAtomの方がメモリアクセスも浮動小数点演算のARMのVFP比も高速ですが、なんか…なんなんでしょうね。判官贔屓って訳でもないでしょうけど、組み込みとかモバイルならARMじゃね?って固定概念もあるのかもしれないです。
あー、あれだ。x86ならソースビルドすれば動くの当たり前…みたいな感じで、こいつをARMで動かしてやる~って変なモチベーションが無いからなのかもw

最初に「サイズ以外は妄想通り」と書きましたけど、結局あの妄想もサイズ前提での話しな訳でして、確かに「オモシロいマシン」ではありますけど、やっぱ今回もパスという事で。
いつまでパスするんだろうなぁ…w
そうそう、値段は多分\69,800位かと。NetWalkerも無理に低コスにしないでこの位の値段想定でしっかり作ったほうがちゃんと売れるモノになったと思います。

そういえば秋葉のじゃんぱら…だったかな、で中古SL-C1000が\12,800で売ってた。C3200は\29,800。
とりあえず、年末まで待ってまだあったら確保しておこうかな…

そうそう、話は全然違うけどNetWalkerのキーボード。あれ、無理にストローク大きくしようとした顛末じゃないですか?
電子辞書とかと同等の低ストロークだったらあのキーボードでも「へにっ」ってなる前にエッジが底に接触して打ち漏れも無くなる様な気がしました。
気がしただけですけど。

|

« そして妄想へ…(based on PC-Z1) 其の弐 | トップページ | NetWalkerの広告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工人舎 PA:

« そして妄想へ…(based on PC-Z1) 其の弐 | トップページ | NetWalkerの広告 »