« 3GS CPU | トップページ | Sony Android »

2009年6月27日 (土)

Pandora

さて、7月(8月?)にはリリースできるってなのですが…

自分、まだ予約もしてないですw(google checkoutでキャンセル分に滑り込もうと思ってるのは甘い?)
いや、実際どうしようか非常に迷ってるんですよね。迷ってるなら買っちまえ!って勢いもアリだとは思うのですが、その辺、ヘタレなんで…スイマセン。

さておき。PandoraはモバイルなゲームコンソールやLinuxBox等、現状のZaurusでの使い方を踏襲する分には十分なスペックを持っているのですが、実は3点だけまだ踏み出せない理由があったりします。

2点はハードの問題。まずは大きさが4桁Zaurus君よりちょいとでかくなること。幅にして15mm、厚さは2mm程でかくなるらしいです。奥行きは4mm小さくなるのかな?
横幅が増えるって事はサムタイプで真ん中あたりのキーに指が届かなくなる可能性が…。英国人の手ならちょうどいいのかもしれませんが。。。
まぁ、横幅はZaurusでもCFの無線LANカード突っ込むと10mmとかでっぱる状況なので、実際にはまだ平気なのかもしれないです。
それより厚みが増えるのが結構痛い。SL-C1000でさえ結構厚いのに^^; まぁ、その分バッテリーが相当ありますが。重量も増えるのかな?

もう一点はZaurusで言うViewスタイル。立って片手で使うにはZaurusのViewスタイルがギリギリだと思ってたんで、この辺はどうしようか…。ビュア用にSmartQ5買うか?w
特許の問題でスライドやターン式には出来なかったそうな。残念。

3点目は今後の問題。今年末から来年にかけて面白いデバイスがゾクゾク出てきそう(毎年言ってますがw)なので、その辺も踏みとどまらせている原因。
特に来年にはCortex A9系などのデュアルコア系ARM搭載デバイスが…っていうかメーカーは来年まで様子見って所もあるような雰囲気だし。
TIにとっても本命はOMAP4からで、OMAP3はユーザーに開放してガンガン使ってもらうことでバグ出しやら今後の課題を出すためのCPUだったのではないかと邪推してみたり。

とは言え、OMAP3も十分な性能を持っている上、ユーザーの理想を求めて作られたデバイスがPandoraな訳ですからメーカー製には無い魅力も沢山あるのは当然。
元々ゲーム機として開発がスタートしたPandoraは当然のように十字キーとボタン、アナログコントローラやL/Rボタンなどが搭載されてます。
今後OMAP3/4搭載のPDAやスマートフォンが出ても、恐らくコントローラ類は付いてこないでしょうね。やるとしたら中国か?w

さらに標準状態でSDブート出来るって端末は多分今後も出てこないでしょうね。そこまでユーザー寄り(っていうか開発者寄り?)なのは、メーカーにとってもサポートしきれないものでしょうから。
SDブートが可能って事は、今日はAngstrom、明日はAndroid。たまにはWindowsCEってのも出来るって事です(CEは眉唾)。そう考えるとSDHCが2スロットってのはなるほどな、と思わせるところ。
SDスロット2つってのもなかなか無いですよね。でも、CFスロットもナニゲにまだ結構使えると思うんだけどなぁ…。実装スペースの問題が…ね。

そんな感じで多少話がずれましたが、優柔不断状態はまだまだ続きます。

|

« 3GS CPU | トップページ | Sony Android »

コメント

全部買ってしまえばいいじゃないですか。と他人事だと思って言ってみる。
でもゲームパッド内臓でPDA的な使い方もできるようなのってPandoraぐらいしかないんですよねぇ。
中国ならあるかもしれませんが性能が…。
まあ悩むのも楽しみのひとつだと思うのでよく悩めばいいと思います。

投稿: DEN | 2009年6月28日 (日) 11時03分

えぇ、できるならそうしたいです…^^;
まぁ、嫁さんの機嫌しだいとも言えますねw

PDAとしてはちょっと大きいかもしれないですが、電車の中でD4使ってる人もいるので許容範囲なのかもしれないです。

悩みに悩んで多分買うと思いますw
ファーストバッチかは分からないですが。

投稿: えりお | 2009年6月29日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199635/45463669

この記事へのトラックバック一覧です: Pandora:

« 3GS CPU | トップページ | Sony Android »