« blog始めました | トップページ | Qtopia »

2007年1月18日 (木)

クロックアップ

gpSPが出て更にエミュ機感が強まったZaurusですが、自分はQt環境のため未だにVBA1.7SDL2を使用しております。
音を切ればそれなりの速度で動くとは言うものの、そこはスペカで最高スピードで無いと話にならない状態。
で、他にフルスピードで動かす事はほぼ無い(動画はZplayerがやってくれてるし)環境でBatteryPlusを爪でチマチマやるのも疲れるんで出来るだけサボる為に頑張ってみました。

change CPU clockspeed ver 0.1.0 (要BatteryPlus) SL-Cxx00系用

qcopでBatteryPlusのファンクションをコールしてクロックアップ、VBA終了時に元の速度に戻す。というステキツールです。
が、導入がチト面倒。ZEmuFrontendからの使用を想定しています。はい、そうです。スクリプトいじって下さい。
ipkをインストールした後に、zemufeex_gba.sh等をZEditorなどで開いてVisualBoyAdvance実行部分を"chgclock -x"と"chgclock -r"で挟んでやります。具体的には以下参照。

#!/bin/bash

chgclock -x

cd "$1"
VisualBoyAdvance --auto-frameskip --rom-size16 "$2"

chgclock -r

exit 0

chgclock自体はbashスクリプトなんで中身見れば何やってるかは大体想像つくと思います。デフォルトでは218(0E)にいきなり変更してますんで、個体によってはフリーズとか不具合が出るかもしれません。ですんで、TDIRUPCCCRUPVCOREはお好みで変更してください。

番外
他はコンパイル通るところまでは出来たんだけどね。お手上げ on 2.95
../video.c:2811: duplicate label declaration `skip'
../video.c:2810: this is a previous declaration

|

« blog始めました | トップページ | Qtopia »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロックアップ:

« blog始めました | トップページ | Qtopia »